患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

「誤嚥性肺炎を防ぐためにできること」

北茨城市民病院 内科 鈴木 李理    肺炎は、日本人の死因の中で、がんや心筋梗塞に次いで多い病気です。そして高齢者の肺炎のうち、7割以上が誤嚥性肺炎と言われています。今回はそんな誤嚥性肺炎のお話です。  誤嚥 …

「便秘について」

北茨城市民病院 内科 宮 本  卓    皆さんは便秘で悩んでいませんか。  便秘は生命の危機には直結しませんが、日常生活の質を低下させます。定期的な便通は健康的な生活の基本でしょう。便秘は女性ホルモンの影響で …

「予防接種を受けましょう!」

北茨城市民病院 内科 海老澤 由香    こんにちは。北茨城市民病院内科の海老澤と申します。  新型コロナウイルスの予防接種は皆さん受けていますか?今回は予防接種についてお話ししようと思います。 ① 新型コロナ …

「新型コロナ流行期における熱中症予防」

北茨城市民病院 内科 藤 枝  毅    新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である、①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗いや、「3密(密集 …

『自宅での感染対策』

北茨城市民病院 内科 石 橋 直 樹    みなさん、こんにちは。内科の石橋直樹です。新型コロナウイルスが流行し、感染対策が強化されてはいますが、それでも何かしらの風邪にかかることを完全に予防することはできませ …

『禁煙外来で待っています』

北茨城市民病院 内科 中村 真季    喫煙者は新型コロナウイルス感染症が重症化しやすかったり、昨年10月にはタバコが値上がりしたり・・・喫煙者の皆さん、まさに今が禁煙するときです。  というわけで、今回は【禁 …

『喫煙について』

北茨城市民病院 内科 山 本 翔太郎    タバコが身体に悪い、というのは良く言われることですが、今回は実際どのように悪いのか等、喫煙について記載します。  具体的にはどのような悪影響があるのでしょうか。肺がん …

『飲酒について』

北茨城市民病院 内科 宮本 卓    今回は皆さんにとっても身近な飲酒に関してのお話です。  日本人は古くからお酒を人生の潤いとしてきましたが、「酒は百薬の長」と評される一方で、歴史を紐解いても過剰な飲酒に対す …

『意外と知らない!? インフルエンザのいろいろ』

北茨城市民病院附属家庭医療センター 佐藤 瑠美    毎年、至る所で流行しているインフルエンザ。とても身近な病気ですが、皆さんはどんなイメージを持っていますか?  季節性のインフルエンザは、日本では例年12月~ …

『認知症の予防について』

北茨城市民病院 内科 大澤 さやか    「認知症」と聞くと、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか?とても怖いというイメージを持っておられる方もいれば、身近に認知症の方がいて具体的な状況としてご存知の方も …

『タバコと動脈硬化の関係』

北茨城市民病院 内科 石橋 直樹    生活習慣病という言葉を聞いたことがないという方はいないと思います。生活習慣病は主に、高血圧、糖尿病、脂質異常症の3つで、それぞれをチェックする項目が健康診断には必ず入って …

『結核のおはなし』

北茨城市民病院 内科 大久保 初美    結核というとどういうイメージがありますか?昔の病気、高齢者の病気など、そんなイメージがあるかもしれません。しかし、実際は誰にでも身近に起こりうる感染症です。日本の結核の …

上手な医療機関のかかり方「病歴メモ」「紹介状」

北茨城市民病院 内科 宮﨑 賢治  上手な医療機関のかかり方をお教えします。コツは「病気の経過をまとめる」、「お薬手帳」と「紹介状」を持参される事です。「お薬手帳」は3月号の記事をご覧ください。   初回受診の患者さんを …

糖尿病は予防が全て!

北茨城市民病院 内科 五十野 桃子(いその ももこ)  成人糖尿病患者は1000万人を超え、10人に1人は糖尿病と言われています。 糖尿病になってしまうと、治療にお金もかかり、 合併症が進行してくると生活の質を落とさなけ …

熱中症について

北茨城市民病院附属家庭医療センター センター長 高橋 聡子  7月になり、暑い日が続きます。 この時期になると熱中症で病院へ搬送されたというニュースをよく耳にします。 平成29年5月から9月までに熱中症により救急搬送され …

次ページへ »