患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

北茨城市民病院 内科 鈴木 李理

 

 肺炎は、日本人の死因の中で、がんや心筋梗塞に次いで多い病気です。そして高齢者の肺炎のうち、7割以上が誤嚥性肺炎と言われています。今回はそんな誤嚥性肺炎のお話です。
 誤嚥とは、飲食物や唾液が誤って気管に入ってしまうことを言います。加齢や病気により飲み込む力が落ちている人は、日常的に誤嚥を繰り返し、流れ込んだ細菌が肺で増えると肺炎を起こします。肺炎を起こすかどうかは、その人の口内環境や体力・免疫力にも左右されます。
 誤嚥性肺炎予防の対策その1は「口内環境をきれいにすること」です。正しい口腔ケアにより口の中の細菌数が減ると、肺炎になりにくいことがわかっています。ぜひかかりつけの歯医者さんをつくり、定期的なチェックを受けることをおすすめします。対策その2は「正しい姿勢で食べること」です。食事の時は、椅子に深く腰掛けて背は90度の姿勢で、正面を向き顎を軽く引いて飲み込みます。顎が上がると、喉の構造上、食物が気管に流れ込みやすくなるためです。ただし円背の方は、椅子に深く座ると顎が上を向いてしまいやすいので、クッションを背中に入れてやや浅めに座るようにします。他にも、飲み込む力に合った食事の形を選ぶことや、適度な運動で体力を維持することも肺炎予防に役立ちます。急に飲み込みが悪くなった時は、新たな病気が隠れていることがあります。心配な時はぜひかかりつけの医療機関でご相談ください。