患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

 リハビリテーション室は、身体障害、精神障害、あるいは慢性疾患を持つ人が、その人らしい生活の回復(獲得)していく活動です。当院においても、様々な症状や後遺症を持った人に対して、「患者さんの全人的復権とQOLの向上」つまり、寝たきり予防、家庭復帰の促進、社会生活力の向上などを目指して努力しております。

rehabili

 当院におけるリハビリテーションに関係する職種は、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカーなどが関わっております。各職種が参加するカンファレンスを実施しております。
医師による疾病の治療・管理のもとに、早期から機能訓練や日常生活動作訓練、二次障害の発生予防、訓練などを行っています。さらに今後は、茨城県指定地域リハ・ステーションとして介護予防教室などの充実を図っていきたいと考えております。

リハビリテーション部門(理学療法・作業療法)

 運動機能障害や作業能力など総合的に評価し、それに基づいて個々の目標を立て、症状や障害のレベルに合わせた訓練プログラムを立案します。急性期から回復期・維持期など状態に応じた運動療法、物理療法、日常生活動作練習などを行います。訓練の中心となる運動療法は、身体機能の回復を促し、基本動作や歩行能力などの改善を図ります。また、在宅に向けて、家族への介助のアドバイスや個々に応じた家庭内での自主訓練などを指導します。