患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

北茨城市民病院 内科 藤 枝  毅

 

 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である、①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。
 また、これから夏を迎えるにあたり、熱中症にも注意が必要です。熱中症とは熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。熱中症は死亡する可能性のある病気であり、予防が大切です。
 マスク着用により、心拍数や呼吸数が増加して体に負担がかかり、熱中症の危険度が上がります。マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避けましょう。屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクを外すことができます。 
 暑さを避けるために、自宅では、上手にエアコンを使い、また、こまめな換気を忘れないようにお願いします。屋外への外出は暑い日や時間帯は避け、日傘や帽子を使い、涼しい服装をしてください。
 のどが渇く前に水分補給をお願いします。また、多くの汗をかいたときには塩分も補給してください。
 めまい、立ちくらみ、手足のしびれなどは熱中症の危険サインです。涼しい場所に避難して、我慢せず周りの人に助けを求めてください。必要があれば医療機関への受診も御検討ください。