患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

北茨城市民病院 皮膚科 橋本 任

 

 ウルシ、銀杏、毛染め、歯科金属、指輪などの金属でかぶれたことのある方は多いと思いますが、ある特定の物質に触れる度にかぶれが生じるようでしたら、アレルギー性接触皮膚炎という病気が考えられます。
 治療は、皮膚の炎症を抑えるぬり薬、かゆみを減らす飲み薬が中心で、症状が強い時には、一過性に、ステロイドの飲み薬などが必要となることもあります。原因がわかりにくい場合もありますが、原因を見つけ出し、以降、その原因を避けることが重要です。原因との接触が止められなければ、根本的な解決は望めません。原因の検査方法に、パッチテストがあります。通常、背中に検査するものを2日間貼ります。水や汗で検査するものが剥がれたり、周囲に拡がったりすると判定不能となるため、検査期間中、運動や発汗の多い仕事などは控えていただき、最初の2日間は、シャワー、入浴も禁止となります。結果は、原則、①2日後、②3日後か4日後、③1週間後と3回判定します。反応がなければ陰性、強い反応があれば陽性ですが、中には、不明瞭な弱い反応を認める場合があります。この時、白黒はっきりさせたいのであれば、再検査が必要となります。パッチテストは、全てのものが検査可能ではありませんが、金属を含め、頻度の高いものは検査が可能となってきました。これまでは、北茨城市では検査ができず、高萩などに行っていただいておりましたが、今後は、北茨城市民病院でも検査が可能となります。