患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

 歯科口腔外科 大森翔英

     北茨城市立総合病院歯科口腔外科の大森です。今回は口腔外科についてお話ししたいと思います。皆さんは口腔外科(こうくうげか)とは何か、一般の歯医者さんとの違いは何かご存知でしょうか?

    口腔外科とは歯科の中の一つの専門分野で、主にお口の中の外科処置を専門に行う科のことを指します。たとえば、親知らずなど深くに埋まっている歯の抜歯、お口のケガや顎の骨折、口内炎などの粘膜の病気、顎の骨にできた腫瘍や膿の袋などの病気、悪化した虫歯や歯周病が原因で生じる炎症疾患、口腔がんなどです。また多くの口腔外科は病院に併設してあることが多く、全身疾患をお持ちの患者さんの治療も行います。例えば血がサラサラになるお薬を飲まれている方、糖尿病の方、骨粗しょう症の方など、他科のお医者さんと相談しながら治療を行うこともあります。

  当院でも先述の患者さんを中心に診療しており、多くは近くの開業医の先生からの紹介であったり、他科のお医者さんからの紹介であったりします。口腔がん治療など高度医療を必要とする患者さんは筑波大学関連の専門施設への紹介も行っております。お医者さんも心疾患、消化器疾患、糖尿病、小児科、産科などさまざまな分野があるように、歯医者の業界にもさまざまな専門分野があります。歯科の分野は大きく分けて、虫歯、歯周病、義歯などの一般歯科、歯並びを治す矯正歯科、子供の治療をメインとする小児歯科そして口腔外科に分けられます。勘違いされている方も多いのですが、口腔外科は虫歯、歯周病を含め、お口の病気全部を専門にしていると思われることがあります。しかし口腔外科医はお口の外科処置の専門家であり、虫歯、歯周病、入れ歯などの一般歯科の専門家ではありません。一般歯科の専門家は開業医の先生ということになります。

  最近では各々の専門分野が協力しあって患者さんの治療を行う連携治療がとても大切であると言われています。ですから理想は皆さん一人ひとりがかかりつけ歯科を持ち、かかりつけ歯科で定期健診、虫歯や歯周病、入れ歯の治療を、口腔外科で外科処置など特殊な治療を、各専門分野で分担して治療を受けられることであると思います。

  当院では近隣の開業医の先生方と協力し合いながら連携して歯科治療に当たっております。お口の事でお困りの時は、まずはすぐに相談できる「かかりつけ歯科」を作りましょう。そしてこまめに定期健診を受けましょうね!