患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

北茨城市民病院 内科 宮﨑 賢治

 上手な医療機関のかかり方をお教えします。コツは「病気の経過をまとめる」、「お薬手帳」と「紹介状」を持参される事です。「お薬手帳」は3月号の記事をご覧ください。

  初回受診の患者さんを診療していると、数週間から数か月の病気で受診される患者さんを診ます。
「病歴と身体診察で8割は診断がつく」という格言があるとおり、「病気の経過」は重要な情報です。
とはいえ、長期の経過や、他の医療機関で精査・治療を受けた場合に曖昧な事があります。
また、病気の経過をお話いただく時間は限りがあります。
     他の患者さんの診療時間を考えると、一人当たり「長くても」15分程度で検査・治療方針の判断が必要です。
混雑や、医師が質問したり、身体診察を考えると、お話いただく時間は5~8分程度か、もっと短いです。
 

 そのため、病院受診前や、待ち時間に病気の経過をまとめましょう。
ポイントは「いつ・どのような症状・どこかに受診したか・どんな検査や治療を受けたか」という情報を記載してみてください。箇条書きでも良いです。時間の推移と症状の推移がわかると素晴らしいです。
 

 他の医療機関で精査(血液検査・CT・MRI など)や、治療(抗生剤・ステロイドなど)を受けた方は「紹介状」を持参してください。
紹介状には医師が「疑った病気、精査結果、治療内容」が基本的に記載されていて、診断に役に立ちます。
ぜひ、病院受診時は上手にかかりましょう。