患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

 

 ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 北茨城市民病院は地域の中核病院として関連施設等と連携し、地域の方々が安心して暮らしていくことができるよう地域医療に貢献することを期待されています。
 少子高齢化が加速している中、たとえ医療・介護が必要な状態になっても、住み慣れた地域でその人らしい生活ができ安心して最期が迎えられるよう、地域包括ケアシステムで地域の期待に応えられる看護の提供を目指して、看護の質向上に努めております。

 当看護部は「やさしいおもいやりの心で、患者さん中心の看護を提供します」の看護理念に基づき、以下の4つの看護部基本方針を掲げております。
 1 医療チームにおける役割を果たし、社会のニーズに応じた看護を提供する
 2 地域との連携を図り、地域住民の健康増進に貢献する
 3 患者さん及び家族の健康教育を積極的に進める
 4 看護の質向上のため、個々の資質を高める

 この基本方針を基に、それぞれが自身のキャリアを高めていけるよう、クリニカルラダーに沿って一人ひとりの実践能力や目標に応じてステップアップできる体制を整えています。
 看護師一人ひとりがライフステージに合わせ、仕事と生活の両立ができ、やりがいと自信を持って業務に取り組んでいけるよう支援していきたいと思います。

 患者さんにとっての最善の医療とケアを考え、看護部理念の「やさしいおもいやりの心で、患者さん中心の看護を提供」できるよう、専門性の向上と優しさを兼ね備えた人材育成に努めてまいります。

 

 

看護部長   嶋本 裕子(しまもと ゆうこ)