平成28年度 北茨城市民病院 病院指標

平成28年度 北茨城市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 13 25 49 112 185 453 512 532 162
当院は茨城県県北地域の中核病院としての役割を担っていることから、幅広い年齢の患者様に医療を提供しておりますが、60歳以上の患者様の割合が高くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 148 1.07 7.20 0.00% 68.28
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 52 27.38 17.95 1.92% 82.15
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 44 2.05 2.72 0.00% 67.98
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 37 40.92 21.25 8.11% 84.38
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 36 23.64 13.60 8.33% 86.50
当科は、内視鏡による大腸検査入院が一番多く、ガンを早期発見し、適切な治療を行えるよう努力しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 245 1.08 7.20 0.00% 64.38
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 128 2.25 2.72 0.00% 66.26
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 22 11.68 5.29 4.55% 68.14
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 18 7.83 7.89 0.00% 59.39
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 16 13.00 6.82 0.00% 64.00
当科においても内科同様、大腸内視鏡検査が一番多く、ガンの早期発見に努めております。また、内視鏡にて発見されたガン、良性ポリープの切除が二番目に多い入院となっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120190xx97xxxx 女性生殖系の炎症性疾患(その他) 手術あり - - 4.11 - -
当科は原則入院患者を受け入れておりません。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 処置2なし - - 9.22 - -
当科は原則入院患者を受け入れておりません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり - - 2.68 - -
当科は原則入院患者を受け入れておりません。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 - - 16.54 - -
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 3,4又は5 - - 22.10 - -
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 19.35 - -
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 9.93 - -
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 手術なし 定義副傷病なし - - 7.20 - -
当科で一番多い症例は、脳梗塞で手術を実施しない保存的治療となっております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 24 3.25 4.71 0.00% 70.79
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 18 3.00 3.06 0.00% 69.89
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 処置2なし - - 3.44 - -
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 処置等1_なし,1,3あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 11.38 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 5.85 - -
当科では、狭心症等での心臓カテーテルによる検査治療を多く行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 - - 11 32 - 1 7
大腸癌 - - 19 24 421 - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - 10 - 1 7
肝癌 - - - - 14 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では胃癌、大腸癌がほとんどを占めており、手術だけでなはなく化学療法による患者様に対し、最善の治療を行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 21.31 56.77
中等症 104 33.56 83.34
重症 24 51.38 82.08
超重症 17 86.65 87.35
不明 - - -
当院においては、中等症が最も多くなっております。重症、超重症になるにつれ、平均在院日数も長くなる傾向となっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 17 93.76 80.88 5.88%
その他 28 115.57 77.86 28.57
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院は3日以内の脳梗塞の患者様が多く、高齢の方がほとんどとなっております。転院率は低く、当院でのリハビリテーションが多くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 58 2.04 1.06 0.00% 68.60
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 19 52.00 82.21 36.84% 80.05
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 15 19.47 48.87 0.00% 84.27
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 11 4.45 2.18 0.00% 57.00
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
当科では大腸のポリープ切除が一番多くなっており、次いで胃瘻造設術、胆道ステント留置術といった、患者様への負担の少ない内視鏡を用いた手術となっております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 133 0.14 1.43 0.00% 66.50
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 24 3.29 10.92 0.00% 64.33
K6335 鼠径ヘルニア手術 23 2.30 8.30 4.35% 68.65
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 14 3.79 10.00 0.00% 68.86
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 12 2.33 9.42 0.00% 73.50
当科では内視鏡を用いた大腸ポリープ、早期ガン手術を行っております。また、腹腔鏡を用いた胆のう摘出術も二番目に多くなっております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K848 バルトリン腺嚢胞腫瘍摘出術(造袋術を含む) - - - - -
表の「-」は症例が10未満のため、表示しておりません。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
表の「-」は症例が10未満のため、表示しておりません。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 23 1.83 1.30 0.00% 71.61
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11 0.82 2.82 0.00% 76.64
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
一番多く行っているのは、狭心症に対し実施しております経皮的冠動脈ステント留置術となっております。ステントとは多くの場合、金属製の網目の筒状のもので、治療を要する部位に留置し、血流を正常化するものです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 21 1.03%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
この指標は、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院の契機となった傷病名の同一性の有無を区別して対象患者様数と発生率を示したものです。
更新履歴
2017/9/22
初回情報作成