患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

卒後年数 目  標 内  容
1年目 社会人・組織人としての自覚を養い、看護の基礎的知識・技術・態度を身につけ、メンバーとしての役割が果たせる。

① 基礎的看護技術(知識・技術)を身につけ、安全確実に実施できる。

② 看護記録が正しくできる。

③ 助言を受けて看護計画が立てられる。

④ 配置場所で必要な知識、(専門的な)技術を一通り身につける。

⑤ 必要な連絡と報告ができる。

⑥ 医療チームの一員として、自覚を持ち行動できる。

⑦ 業務の優先度を判断して仕事ができる。

⑧ 時間内に仕事を終えることができる。

⑨ 看護師としてふさわしい態度と、主体的に学ぶ姿勢を身につける。

2年目 自立に向け、看護能力の向上を図り、チームの中でのメンバーシップを発揮し、専門的知識・技術を高める。

① 個別性のある看護計画が立てられ、看護の実践ができる。

② 専門的知識・技術を高め、緊急時の対処ができる。

③ 基礎的なことについて、後輩の指導ができる。

④ 受け持ちチームや病棟の状況を知り、メンバーとして適切な行動が取れる。

⑤ 医療チームの一員として、協調して仕事ができる。

⑥ 自主的に課題を見いだし、取り組むことができる。

⑦ 自分の看護観について、考えることができる。

3年目

自己の看護の概念を確立し、チームリーダーの役割を理解して看護の実践ができる。

① 適切な看護計画が立てられ、看護の実践ができる。

② 受け持ちチームや病棟の状況を知り、リーダーとしての適切な行動が取れる。

③ カンファレンスの司会ができる。

④ 他部門との必要な調整ができる。

⑤ 医師、上司に的確な報告・連絡・相談ができる。

⑥ 課題を見いだし、看護研究に取り組むことができる。

⑦ 自分の看護観を明確にすることができる。

4~6年目 後輩に対する指導能力を高め、リーダーとしての役割を果たし、科学的根拠に基づいた看護が実践できる。

① 看護研究に積極的に取り組み発表できる。

② 受け持ちチームや病棟の状況を把握し、リーダーの役割を果たすことができる。

③ 自分の看護観をさらに深めることができる。

④ プリセプターとして後輩の指導ができる。

⑤ 他部門との連携・調整が適切にできる。

⑥ 問題意識をもって日々の業務に取り組むことができる。

⑦ 院内外の教育活動に参加し、自己啓発ができる。

⑧ 院内の教育活動に参加し、役割が果たせる。

7~9年目 問題解決能力を高め、リーダーシップを発揮し、質の高い看護が実践できる。

① 研究の成果を実践し、活かすことができる

② 対人関係の力を高め、困難な状況下でもリーダーシップが発揮できる。

③ スタッフの育成ができる。

④ 上司と協力して、問題解決や業務の改善を図ることができる。

⑤ 自分の役割を理解し、質の高い看護が実践できる。

⑥ 院内の教育活動に参加し、役割が果たせる。

⑦ 院内外の教育活動に参加し、自己啓発ができる。

10年目 自己の看護の専門性を主体的に高め、上司と協力して社会の変化や医療の進歩に応じた看護の実践ができる。

① 看護研究に対する助言、指導ができる

② 上司と協力して、積極的に問題解決や業務の改善ができる。

③ 質の高い看護が実践でき、指導的に関わることができる

④ 院内の教育活動に参加し、役割が果たせる。

⑤ 院内外の教育活動に参加し、自己啓発ができる。