患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

 この度、2019年(平成31年)4月より看護部長を拝命いたしました。前石森看護部長は、平成28年度から看護をはじめ多くの問題に取り組まれ安全で安心な看護の提供にご尽力されました。


 少子高齢化が急速に加速しているなか、たとえ医療・介護が必要な状態になっても、住み慣れた地域でその人らしい生活ができ安心して最期が迎えられるよう、地域包括ケアシステムで地域の期待に応えられる看護の提供を目指して、看護の質向上に努めております。
 外来通院・入院から退院後の療養生活を見据え、訪問診療医師、訪問看護師など、関連多職種の方々と協力連携し、北茨城市民病院医療従事者は患者様中心の医療をモットーに患者様を支えてまいります。


 「やさしいおもいやりの心で、患者様中心の看護を提供します」の看護理念を掲げ、スタッフ一人ひとりが生きがいとやりがいを持って看護が提供できるよう職場環境を整え、市民から期待され愛される病院となるよう努力をいたす所存です。

 

看護部長   地田 眞理(ちだ まり)