患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

床ずれ(褥瘡)にもできやすい部位があります。 

~椅子や車いすに座っている時(座位)~

長時間の座位によって、臀部の皮膚や皮下組織、筋肉へ血液が行きわたらなくなり酸素や栄養不足となってしまい、床ずれ(褥瘡)が発生しやすくなります。

  • 座位の姿勢は90度ルール

   座位の姿勢は90度ルールが望ましいとされています。

   大腿後面で体重を支え、股関節、膝関節、足関節を90度にして座る。

  • 座位を保つための工夫座面のクッション・ピローの利用やプッシュアップ(座り直し)を行うことが
    必要です。
  • 患者さんが自然に90度に保てるような工夫を行うことが大切です。