患者様中心の医療提供と信頼される病院運営に取り組んでまいります。

北茨城市民病院附属家庭医療センター 佐藤 瑠美

 

 毎年、至る所で流行しているインフルエンザ。とても身近な病気ですが、皆さんはどんなイメージを持っていますか?
 季節性のインフルエンザは、日本では例年12月~3月が流行シーズンと言われます。普通の風邪よりも高熱(38℃以上)が出ること、鼻水や咳の他に頭痛・関節痛・筋肉痛、全身倦怠感等の症状が強いことが特徴です。今頃から接種が始まっているワクチンには、ウイルスの感染を完全に阻止する効果はないものの、発病(症状が出ること)を一定程度予防し、一番大きな効果として「発病後の重症化や死亡を予防すること」があります。発病しても大部分の方は1週間程で自然に治りますが、中には重症化して肺炎や脳症等の合併症を起こし、入院が必要になったり、ひどい場合には死亡する方もいます。高齢の方や免疫力が低下している方、基礎疾患がある方は重症化する可能性があるので、ワクチン+手洗い・うがいで予防をしっかりとし、体調が悪い場合には早めに医療機関を受診しましょう。
 タミフルなどの抗インフルエンザ薬は発病から48時間以内に服用した場合に、1〜2日発熱期間が短くなります。一番の適応は、2歳未満の方、65歳以上の方、妊婦さん等重症化のリスクが高い方達です。本来であれば自分の免疫で治せる病気なので、薬は皆が飲まなければいけない訳ではありません。相手をよく知って、今年の冬も元気に乗り切りましょう!